2017年03月05日

字体変遷字典218-219:【女】妊妨妙妖姐委姑


jitai218-219.jpg

jitai218-219.pdf

【妊】「姙」という異体字がありそれを顔真卿が「多宝塔碑」で書いている。「明治の漢字」では「娠」の〈許容〉の異体字に「妊」をあげている。その通りなら「妊娠」を「妊妊」と書いてもよいことになる。
【妙】説文篆文では「玅」の字体。弘道軒四号と三号では字体が異なる。
【妖】説文篆文では旁にくさかんむりのようなものがある。
【委】漢代以降、左右に伸ばすのは「女」の横線で、「禾」の右ハライは止める。
posted by トナン at 18:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

字体変遷字典:【女】如妃妄妓妥

jitai216-217.jpg

jitai216-217.pdf

【妃】旁は説文では「己」、五経文字も「己」、康煕字典は「已」、文部省活字は「己」、当用漢字表は「已」、当用漢字字体表は「己」。手書きでは「己」、「已」、「巳」はあやふやになる。

【妓】中国には旁を「多」とする異体字があり、説文にも載っている。手書きでは咎なし点が付くことがある。
posted by トナン at 02:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

Image Ballet Studio 5周年記念公演2017 くるみ割り人形[全幕]

kurumi-poster.jpg
ポスター

DSC_0242-1.jpg
手書きロゴ アウトライン版

DSC_0242-2.jpg
手書きロゴ ボケ版

DSC_0242-3.jpg
手書きロゴとボケ版を合成

DSC_0242.jpg
ロゴの内側を抜いて手書きロゴ完成

kurumi-ticket.jpg
チケット

kurumi-hyoshi.jpg
プログラム表紙

kurumi_panf01.jpg
プログラム扉

kurumi_panf02-03.jpg
プログラム2−3ページ

kurumi_panf12-13.jpg
プログラム12−13ページ

kurumi_panf14-15.jpg
プログラム14-15ページ

kurumi_panf36-37.jpg
プログラム36−37ページ
posted by トナン at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | tonanの装丁・デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

字体変遷字典:【大】奮【女】女奴好


jitai214-215.jpg

jitai214-215.pdf

【奮】下部の「田」を「臼」または臼の略字の「旧」にする異体字があり、干禄字書では下部を「臼」とする字を〈俗〉としている。日本では下部を「旧」とする字が書かれ、漱石も書いている。



〈参考にしている主な字典〉

posted by トナン at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

字体変遷字典:【大】奏套奥奨奪


jitai212-2135.jpg
jitai212-213.pdf

【奥】説文篆文の字形を楷書にすれば「奧」の方が近いとおもうのだが、五経文字では「奥」。中国でも日本でも書かれていた字体は「奥」。「奧」は康煕字典、文部省活字、当用漢字表。太宰治が「奥」を書いているのが興味深い。
【奨】中国から日本の平安時代まで下部を「廾」にしている。江戸期以降は下部を「大」にしている。康煕字典は「奬」を「大」の部首に「獎」を「犬」の部首に載せている。説文篆文に従えば「獎」のはずだが文部省活字も当用漢字表も「奬」。
【奪】下部を「集」にする異体字があり、干禄字書では〈俗〉とするが平安以降の日本では書かれることが多く、漱石も書いている(2016.10.12訂正)。



〈参考にしている主な字典〉


posted by トナン at 16:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

字体変遷字典:【大】奇奈奉奔契


jitai210-211.jpg

jitai210-211.pdf

〈図版改定〉2016.09.26

jitai210-211+.jpg

jitai210-211+.pdf

【奈】康煕字典に「同柰」とある。説文篆文には「奈」は見えず「木」部に「柰」が、「示」部に「祟」がある。



〈参考にしている主な字典〉


posted by トナン at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

字体変遷字典:【大】夫央失夷奄


208-209jitai.jpg
208-209jitai.pdf

【失】楚簡に異体字がある。草書は鄭固碑や楊淮表記の字体をくずしたものか。当用漢字表に使われた活字は左払いが欠損している。



〈参考にしている主な字典〉



posted by トナン at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

〈陰刻の拓本の文字を黒地白抜きに〉字体変遷字典:【夕】夢【大】大太天

206-207jitai.jpg
206-207jitai.pdf

陰刻の拓本の文字を黒地白抜きにしてみました。
この方がいいですかねえ?

【夢】干禄字書の〈俗〉と〈正〉は字体の違いというよりも、筆遣いと筆順の違いだけのように見える。康煕字典では「夢」と「梦」は俗字として別の部首に出ている。「梦」の使用例は少ないが、漱石は一貫して「梦」を書いている。現代中国は「梦」を採用している。集字聖教序の字体は行書と草書のどちらにするか迷う。
【大】泰山刻石の字体は説文篆文と異なり、説文籀文に近い。泰山刻石が小篆とすれば説文篆文は大篆か。
【太】元は「太」は「泰」の古文だという。
【天】泰山刻石と説文篆文の字体が異なる。



〈参考にしている主な字典〉

posted by トナン at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

字体変遷字典:【夕】夙多夜

204-205jitai.jpg

204-205jitai.pdf



〈参考にしている主な字典〉



posted by トナン at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

字体変遷字典:【士】壷【夂】変【夊】夏【夕】夕外


202-203jitai.jpg
202-203jitai.pdf

【壷】陸軍幼年学校用字便覧では「壺」と同字とする。漱石の字は冠より上が一画少なく下が一画多い。陸軍幼年学校用字便覧には「壺ノ下ハ亞ニ非ズ。」とある。
【変】秦の睡虎地秦簡も漢代の文字も下部は「又」。説文篆文の字体が誤りなのではないだろうか



〈参考にしている主な字典〉

posted by トナン at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする