2020年09月03日

字体変遷字典 【己】巴巻巷巽【巾】巾


jitai260-261.png

【己・巳・已】「己・巳・已」はまったく異なる字種だが手書きにすると混同する。冒険家の植村直己さんやグラフィックデザイナーの浅葉克己さんなど「己」を「ミ」と読む人もいる。「已」は「イ」という音を持ち「㠯・以」と関係がある字らしい。「㠯」と「以」は異体字であり、農具の鍬の一種の象形らしい。筆者は「㠯・以・已」を次のように推測する。「㠯」は鍬の歯を下向きにして正面から見た形。「以」は鍬を歯を左にして横から見た形で、右の「人」の部分は人ではなく鍬の柄ではないだろうか。「已」は鍬の歯を上にして正面から見た形で作業の終わりを意味し、そのために「すでに・のみ・やむ」という意味をもつと考える。漱石は「已」を「已を得ん」という使い方をしている。

【巻】説文解字、五経文字、康煕字典共に「卩」に分類されている。「弓」に点を打ったような異体字は来歴不明。

【巷】2004年のJISの例示字体変更前は「巷」でした。

【巽】説文に4つの字体が掲載されており、そのうち3つは「巽也」とあるが。1つだけ「具也」とされている。段注によれば「具」が本義であり「巽」は仮借としている。弘道軒の四号と三号の字体が異なる。
posted by トナン at 15:10| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

字体変遷字典:【山】嵯嵩嶋嶺巌


jitai_254-255.png

【嵩】康煕字典に「嵩」の古文として「崇」が載っている。別に「崇」も親字として載っているが「嵩」は載っていない。

【巌】現代中国では「岩」を用いる。
posted by トナン at 14:09| Comment(0) | 文字あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

字体変遷字典:【山】峨峻島峰峯崖

jitai_205-251.png

【島】JIS漢字に5つの字種が登録され、康熙字典に4つの字種が登録されている。

【峰・峯】説文の大徐本にはあるが、段注本には記載がない。説文にある字体は「峰」ではなく「峯」。我が国でも中国でも「峰」を常用漢字として選んでいる。
posted by トナン at 15:10| Comment(0) | 文字あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

字体変遷字典:【山】岩岨岱岬峡峠

【岩】説文には「岩」は掲載されておらず、「嵒」を「山巖也」、「碞」を「磛碞也」、「巌」を「岸也」とする。正字通では「岩」を「嵒の俗字」としている。陸軍幼年学校用字便覧では「岩」などを通用字としながら「いはほトイフニハ巖ヲ用ヒテ岩ヲ用ヒズ」と注釈を入れている。文部省活字には「岩」はあるが「巖」はない。

【峠】国字。

jitai248-249.png
posted by トナン at 17:18| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

字体変遷字典:【山】岐岡岳岸

【岐】2020年に教育漢字の小学4年生に配当された。説文には「支+邑」の字体で邑部にあり、或体として「岐」が載っている。南北朝期以降に「咎なし点」がついた例がある。上代から平安にかけて「山」を「止」と間違えた例がある。漱石の字体の知識には驚愕する。

【岳】「嶽」と異体字。漢代の魯俊碑、南北朝期の元継墓誌は説文の古文に倣った字。五経文字では「岳」を象形、「嶽」を形声とする。康煕字典には「岳」と「嶽」が別々にあるが、「嶽」の古文としても「岳」がある。南北朝期、日本の平安時代に「岳」の「山」を「止」に誤る例が見える。「嶽」の「山」を下部に移構する異体字があった。

jitai246-247.png
posted by トナン at 15:25| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

字体変遷字典:【尸】届屋屍屑展屠屡


jitai_242-243.png

【屑】2004年にJIS漢字の例示字体が「屑」から「屑」に変更された。説文解字の例示字体が不思議。

【屠】2004年にJIS漢字の例示字体が「屠」から「屠」に変更された。
posted by トナン at 16:44| Comment(0) | 文字あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする