この記事へのコメント
「崎」の項の説文解字欄にある「危+支」は削除した方がいいようです。「崎嶇」の「崎」を「危+支」で書くことがあるようですが、それ以上のつながりはなさそうです。『大漢和』の「危+支」の項には『正字通』に「俗に崎に作る」とある、とありますが「崎」の項には何も書かれていません。
『説文解字』『説文解字注』にも記載ありません。
Posted by 小駒 at 2016年01月26日 13:00
小駒さん、ありがとうございます。
「危+支」は載せるかどうか迷っていたのです。
「崎」について『標準清人篆隷字典』雄山閣に、「崎は本(危+支)に作る」とありますが、他の字典にはそのような記述をみつけられません。
他に『総合篆書大字典』二玄社に「篆作(阝+奇)」とありますが、他の字典にはありません。
Posted by ( ´_ゝ`) 大熊肇 at 2016年01月26日 14:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック