2017年08月06日

字体変遷字典:【女】姪娯娠娘娩婚

「娩」が2004JISで女の8画から7画に変更になったので、「娘」の後に入れました。
jitai226-227+.jpg
【娯】漱石が不思議な字体を書いている。偏は何を書いているのだろう。行人偏か言偏か。

【娘】『教育上より見たる明治の漢字』に「嬢」の許用字として「娘」が載っている。現代中国では「娘」と「嬢」が「娘」に統合されている。「娘」は甲骨にあるが説文にない。「嬢」は説文にあるが古代の字に見えない。漱石は略しすぎ。太宰の「孃」は「口」が二つ繋がっている。

【娩】JIS2004で字体が変更された。現在は康煕字典と同じ「娩」で女の7画だ、が変更前は「娩」で女の8画。人名用漢字は「娩」であって「娩」ではない。偏を「子」とする異体字がある。
posted by トナン at 18:47| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。