2017年10月07日

『説文解字』の李陽冰による校訂は小徐本の底本か?

『説文解字』は後漢の許慎によって編まれた最古の部首別漢字字典である。
説文解字の校訂本として、ボクでも知っているものは、
◎南唐の徐鍇による『説文解字繋伝』=小徐本
◎北宋の徐鉉(徐鍇の兄)による『説文解字』=大徐本
◎清の段玉裁による『説文解字注』
の3つであった。

ところが唐の李陽冰が校訂しているということを近年知った。
李陽冰を知らなかったのは迂闊でした。

李陽冰の校訂本と小徐本との関係について、異なることを述べている本をメモがわりに取り上げておきたい。

◉『説文篆文入門 段玉裁の「説文解字注」を読むために』(頼惟勤監修、説文会編、大修館書店、1983年)
p.9–10
〈八世紀後半、粛宋、代宋時代に李陽冰という篆書の大家がいました。この人の校訂した説文のことが間接的に知られています。彼の校訂が内容的にどこまでのものであったか全面的にはわからないのですが、若干のところは徐鍇の『説文繋伝』の祛妄篇などに論及されてあるので想像できるのです。(中略)また篆書の字体については、これまでの懸針体を、彼は玉箸体に改めたのだそうです。ともかくも李陽冰校訂のところで説文の本来の姿が大分改変されたのだろうと言われております。〉
p.18
〈問 小徐の拠り所とした説文は李陽冰本なのですか?
 答 そういわれています。〉
p.19
〈小徐本ができてから少し遅れて北宋の雍煕三年(986)に、兄の徐鉉、つまり大徐が弟のそういう仕事を参考にしながら説文の校訂をしたわけです。これが大徐本です。これが段玉裁のいわゆる「雍煕校刊」(段注一上、二b、二左)で、底本は小徐本、遡ってやはり李陽冰本だったといえるでしょう。〉

まとめると
◆李陽冰がオリジナルの説文解字を大分改変した。
◆李陽冰は篆書を懸針体(針のようなエレメント)から玉箸体(末端が丸く線が太い)に改めた。
◆小徐本は李陽冰本を底本としている。
◆大徐本は小徐本を底本としているので、遡って李陽冰本を底本としている。
ということになります。

◉『漢字学 『説文解字』の世界』(阿辻哲次著、東海大学出版会、1985年)
p.221
〈この頃、李陽冰という人物がいた。かの大詩人李白の親類に当たり、李白の詩にも登場するが、かれは篆書の名手であったという。小篆の書体を考案したと伝えられる秦の李斯の直接の後継者は自分である、と豪語していた。その李陽冰が小篆の第一人者を自負して『説文解字』の小篆をすべて校訂したのである。李斯の後継者と自負する男だから、許慎など物の数ではなかったのであろう、その時李陽冰は自分の独断的な解釈によって『説文解字』の小篆体を書き改めてしまったという。これ以降『説文解字』は苦難の歴史をもつ。〉
〈徐鍇は唐代に李陽冰によって加えられた憶説を排除することに力をそそぎ、彼によって許慎以来の本来の姿がほぼ回復された。(中略)徐鍇こそは『説文』学を再興した人物として高く評価されるべきである。〉

この本は『説文篆文入門 段玉裁の「説文解字注」を読むために』の2年後に出版されていますから、当然『説文篆文入門……』を読んだ後に執筆したのでしょう。

まとめると
◆李陽冰が『説文解字』の小篆をすべて校訂した。
◆李陽冰は自分の独断的な解釈によって『説文解字』の小篆体を書き改めた。
◆徐鍇は李陽冰によって加えられた憶説を排除することに力をそそぎ、彼によって許慎以来の本来の姿がほぼ回復された。

【疑問】
◎李陽冰が書き改めたのは、小篆の書体や字体なのか、あるいはテキストの内容にも及ぶのか。
◎小徐本は李陽冰本を底本としているのか、李陽冰本の誤りを訂正してオリジナルに戻したのか。

 
posted by トナン at 15:28| Comment(0) | 文字あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。