字体変遷字典・p.2–15


方針を変更しました。
いままでは、(1)JIS第一水準、(2)JIS第一水準に含まれない常用漢字、(3)JIS第一水準に含まれない人名用漢字を親字にしていましたが、(3)を省くことにしました。
(3)が(1)、(2)の異体字としての重複が多すぎて煩雑なためです。

訂正したpdfを順にアップします。
2-15jitai.pdf
posted by トナン at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

字体変遷字典(【囗】困図固国)


182-183jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【困】「くにがまえ」という囲まれた空間の中で「木」に右払いがあるのはおかしい。

【国】「囗」の中に「或」が正字体。南北朝時代に「囗+王」が出現。これは領土の中に王様がいるというような、会意による字だろう。一方、「囗+玉」の「玉」は「或」の草書からできた字だろう。「囗+八方」は則天文字。「或」の「口」は手書きでは「△」や「ム」の形に書かれる。「囗」は二つの点にくずすことがある。
posted by トナン at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

字体変遷字典:【囗】因回団囲


jitai180-181.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【因】「囗」の中の「大」は開脚すれば「土」になり、頭を省けば「工」になり、早書きすれば「ユ」になり、さらに「コ」に変化する。日本に伝わった字体は「因」と「囙」。干禄字書では「因」を〈正〉、「囙」を〈俗〉とする。干禄字書では「大」の右払いを止めているが、五経文字では払っている。狭い四角の中で払うというのは、手書きではありえない。教育漢字も払っているが、手書きの字体を教えるのなら再考した方がよい。

【回】江戸版本では「囘」が多く使われている。康煕字典は「囘」を本字としている。明治の漢字も「囘」を本字としている。陸軍幼年学校用字便覧では「回」を正字、「囘」を古字としている。

【団】囗の中に「專」が正字体、「専」が通字体、「寸」は略字体。正字体も楷書と明朝体では字体が異なる。

【囲】正字体「圍」の構成要素「韋」について。単体の漢字としては10画だが、部首では「圍」のように、下部を3画とし、9画の画数に分類される。ところが常用漢字の構成要素になる場合は、「偉」のように下部を4画とし、画数は10画として数える。これが我が国の施策である。康煕字典では一貫して9画に数える。
posted by トナン at 01:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

字体変遷字典:【口】嚴【囗】四囚


jitai178-179.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。
posted by トナン at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

『字体変遷字典』【口】嘱噴舗嘲噸噺器


jitai176-177.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【嘱】康煕字典に「嘱」と「囑」が別々に載っている。

【舗】説文篆文では偏が「金」なので、「鋪」が正字らしい。康煕字典にも「鋪」しか載っていない。現代中国では偏を「食」の草書体にしている。江戸期以前には「舗」は見えない。
posted by トナン at 16:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

字体変遷字典「嗅嘉嘆噂噛器」


jitai174-175.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【嗅】五経文字では「齅」の異体字の扱いになっていて、「齅」を説文、「嗅」を経典の字体としている。漱石は点あり、なし両方の字体を書いている。

【嘉】漢の隷書の時代にはまだどこを伸ばすか一定していない。唐代には横線を伸ばすことに決まったようだ。江戸版本では「士または土+加」の使用例が最も多い。

【嘆】干禄字書では「嘆」を〈俗〉、「歎」を〈正〉とする。九経字様では「嘆」も載っている。陸軍幼年学校用字便覧では「歎」を正字、「嘆」を通用字としている。現代中国では「嘆・嘆」と「歎・歎」は1つに統合されている。

【噂】JIS2004で「噂」から「噂」に例示字体が変更された。また2004年に人名用漢字に追加された。

【器】大きく分けて中央が「犬」「大」「土」「工」「ユ」と5つの字体がある。「大」では意味が通じないという意見もあろうが、犬の象形が「大」となることもある。「大」が水平に開脚すれば「土」になり、「土」の縦線が上に出なければ「工」になり、「工」を早書きすれば「ユ」になる。「土」「工」は漢代にはすでに使われている。もしかしたら生け贄の「犬」の代わりに、呪具の「工」を使う字体があったのかもしれない。

小駒さんのご指摘を生かして下記のように修正しました。
jitai174-175_2.jpg
posted by トナン at 18:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

字体変遷字典(單喩嘩嗣嘆)


お久しぶりです。新資料とつきあわせていて時間がかかりました。

jitai172-173.jpg
※画像をクリックすると拡大します。

【喩】「諭」と異体字。説文には「諭」しか載っていない。前漢以前には「諭」しか見えないが、南北朝期には「喩」しか見えない。干禄字書では「諭」を正字体、「喩」を通字体としているが、九経字様では「諭」を説文、「喩」を経典としている。なお干禄字書の「諭」の旁の「月」は「ふなづき」。
【嘆】干禄字書では「嘆」を〈俗〉、「歎」を〈正〉とする。康煕字典には「嘆」は見えないが「歎」はある。陸軍幼年学校用字便覧では「歎」を正字、「嘆」を通用字としている。

小駒さんからご指摘をいただき、下記のように訂正しました。(2015.06.12)

jitai172-173.jpg

【喩】干禄字書によれば「諭」の通字体で異体字の関係。九経字様では「諭」を説文解字の字体、「喩」を経典の字体としている。説文には「諭」しか載っていない。前漢以前には「諭」しか見えないが、南北朝期には「喩」しか見えない。なお干禄字書の「諭」の旁の「月」は「ふなづき」。
【嘆】干禄字書では「嘆」を〈俗〉、「歎」を〈正〉とする。陸軍幼年学校用字便覧では「歎」を正字、「嘆」を通用字としている。
posted by トナン at 17:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

《字体変遷字典(試作)》【口】善喪喋


140819jitai.jpg

※画像をクリックすると拡大表示されます。

〈訂正版の2刷を販売中です〉

posted by トナン at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

【口】喫喬喰喧喉


140727jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【喫】説文所無。中国での使用例がみつからない。現代中国では「喫」と「吃」が統合されている。
【喬】上部を「右」に作るのが通用字体。王勃詩序ではすでに「右」の書き順が変化している。
posted by トナン at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

【口】唯営喚喜


140722jitai.jpg

※画像をクリックすると拡大表示されます。



最近購入しました。おすすめです。
無い文字は作字してますが、その旨しるしが付いているので安心です。
〈レビューより〉
編者自らの筆に成る約35000の字例はまさに圧巻。
小林斗庵先生の懐刀としての力量をいかんなく発揮している。
何よりも造形のセンス、バランス感覚が超絶している。
簡帛はやや動きに違和感があるものの、文字数の多さに救われる。
篆書・篆刻愛好者必携のバイブルと言えよう。
posted by トナン at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

【口】啓商唱唾問


140718jitai.jpg

※画像をクリックすると拡大表示されます。

【商】干禄字書に「商」の俗として、また五経文字に訛として「啇」が載っているが、「啇」を「テキ」と読む別字として扱っている字書もある。「啇」を「商」として使っている例は日本では空海の風信帖と漱石に見られる。
posted by トナン at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする