2013年10月15日

字体変遷字典:【口】品唖員唄唆哨唇


131015jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【品】江戸期の『大日本永代節用無尽蔵』の書き方は独特。
漱石は下の「口」2つをつなげて書く。太宰治も同じ書き方なのは驚き。
同じものが3つあるときに下の2つを点4つで書くのは一般的。
現在も「澁」の旁を「渋」と書く。かつては「森」などもそのように書いた。

【唇】書道字典には「唇」は不掲載で、かわりに「脣」が載っている。
『説文解字』(大徐本)を見ると「唇」が載っているが、解説に「驚也」とあり、「唇」は「驚く」という意味の別字だったようだ。
『陸軍幼年学校用字便覧』には〈唇ハモトおどろくノ義、今唇ト通用シテくちびるノ義トス。〉とある。
空海は「聾瞽指歸」でにくづきを「肉」の形に書いている。

  
posted by トナン at 04:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

字体変遷字典−【口】咽咳哉咲


130915jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

【咽】「大」は人が大の字になった形だが、腕を左右に伸ばし、脚を水平に伸ばせば「土」になる。
「土」が「工」「ユ」「コ」に変化する。

【咲】「咲」と「笑」は異体字。

現代中国では「咲」と「笑」は「笑」に統合されている。

説文篆文には「笑」しかみえないが、十七帖の字体は明らかに「咲」をくずしているので、もしかしたら古文に「咲」に近い字もあったのかもしれない。康煕字典では「咲」を「笑」の古文としている。

顔真卿の書による干禄字書は「竹+大」を〈正〉とし、「咲」を〈通〉としている。
江戸期の官版の干禄字書では〈正〉が「竹+犬」になっている。
五経文字は「竹+犬」になっている。
九経字様では「笑」の字体に訂正している。

江戸期の版本の『大日本永代節用無尽蔵』には「咲」に「わらう」と振り仮名がついている例があり、「笑」と「咲」の使い分けはまだはっきりしていない。
陸軍幼年学校用字便覧では「咲ハ多クさくトイフ時ニ用イラル」とあるから、大正に入った頃には使い分けがあったようだ。

漱石は「竹+大」と「竹+犬」の2種の字体を使っている。
漱石は干禄字書と五経文字の両方を見ていたのだろうか。
漱石の友人の中村不折が干禄字書の拓本を持っていたのはわかっているのだが。
posted by トナン at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

字体変遷字典−【口】呪周味命和哀


130912jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【呪】「咒」は「くちへん」の位置が動いた異体字(動用字)。日本では上代から江戸期まで「咒」の方が優勢。

【周】説文篆文では「冂」の左肩が開いており、五経文字もその字体を採っているが、甲骨、金文を見る限り、左からが開いている必然性はないようだ。
手書きの通用体では「周」が書かれ、康煕字典に倣った活字では「周」が使われるが、弘道軒も文部省活字も「周」。
漱石は「周」を書くが太宰は「周」を書く。
昭和24年の時点で岩田母型製造所に「周」の字体の母型はなかった。

【和】金文を見るかぎり、この字は「禾(のぎへん)」ではなく「木(きへん)」に従う字だったらしい。
説文篆文では「秩vで郭店楚簡の字体と合致するが、他に合致する例がみつからない。
康煕字典では説文篆文の「秩vを古文としている。
「龢」は説文篆文と康煕字典にはあるが、他に使用例がみえない。

【哀】日本では「口」の下に横線が加わる字体が優勢。
また日本では上部が「亠」ではなく「𠂉」になることが多い。

以下、修正して再アップ
130912jitai2.jpg

【呪】「咒」は「くちへん」の位置が動いた異体字(動用字)。
日本では上代から江戸期まで「咒」の方が優勢。

【周】説文篆文では「冂」の左肩が開いており、五経文字もその字体を採っているが、甲骨、金文を見る限り、左からが開いている必然性はないようだ。
手書きの通用体では「周」が書かれ、康煕字典に倣った活字では「周」が使われるが、弘道軒も文部省活字も「周」。
漱石は「周」を書くが太宰は「周」を書く。
昭和24年の時点で岩田母型製造所に「周」の字体の母型はなかった。

【和】金文を見るかぎり、この字は「禾(のぎへん)」ではなく「木(きへん)」に従う字だったらしい。
説文篆文では「秩vで郭店楚簡の字体と合致するが、他に合致する例がみつからない。
康煕字典では説文篆文の「秩vを古文としている。

【哀】日本では上部が「亠」ではなく「𠂉」が多い。
また「口」の下に横線が加わる字体が優勢。
そのような字体は中国では北魏および唐代の楷書にある。
posted by トナン at 04:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

字体変遷字典−【口】呆吠呂呼咋舎


130823jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【呆】明治よりも前の手書きの使用例がみつからない。

【吠】旁を「友」や「友+点」とする字体もあったようだ。

【呂】「口+口」の字体と、「口」と「口」をつなぐ線がある字体「呂」の2種がある。
中国では「呂」が出現するのは後漢の隷書だけで、その前後の時代は「口+口」の字体。
説文解字の篆文は「呂」だが、説文解字も後漢に編まれたもの。
後漢の隷書が説文解字に影響を与えているか、あるいは説文解字が後漢の隷書に影響を与えているのかもしれない。
九経字様は「口+口」の字体を〈隷省〉としているが、そんなことはない。
日本でも上代から平安にかけて「口+口」の字体。
現代の「呂」は康煕字典の影響を受けていると思われる。
現代中国では伝統的な字体に倣って「口」と「口」をつなぐ線がない「口+口」を書く。

【呼】初文には「口」がなかったようだ。

【舎】常用漢字『JIS漢字字典』では「口」部の5画だが、康煕字典では「舌」部の2画。
posted by トナン at 23:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

字体変遷字典 【口】告吹呈呑否吻


130806jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【呈】「呈」と「口+ノ+土」は異体字。説文に従えば「口+ノ+土」が正字体。
唐代の正字体は見えないが、康煕字典では「口+ノ+土」を採用。
慣用字体の中国での使用例は「口+ノ+土」が優勢だが、日本では「呈」が優勢。
これは上代に伝わった字体が「呈」だったからではないだろうか。
明朝体の字体は康煕字典以来、正字体の「呈」だが下部が「ノ+土」のものと「ノ+士」のものがある。
当用漢字字体表は、現代に近い時代に手書きで書かれてきた字体を採用する傾向があり、中国は歴史的に使われてきた字体を採用する傾向があると思う。
中国が俗体と思われる字体を採用しているのはめずらしい。
なお、『陸軍幼年学校用字便覧』では「口+ノ+土」と「呈」を「元は別字」とする。

【呑】「呑」と「吞」は異体字。説文も、中国や日本の慣用字体もほとんど「吞」を使っているのに、使われていない「呑」をJIS第一水準に「吞」を第三水準にしているのは不思議だ。
なお、人名に使えるのは人名用漢字の「吞」で、「呑」はJIS第一水準ではあるが、常用漢字でも人名用漢字でもないので人名には使えない。
posted by トナン at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

字体変遷辞典 (【口】君呉吾)


130719jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【吾】石鼓文の字体は特異。「十七帖」と「争乱帖」では草書の崩し方が異なる。
posted by トナン at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

字体変遷字典 (【口】同名吏含吟)


130602jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

【名】曹全碑の「夕」は一画多い。

【吟】説文篆文に旁が「金」の或体がある。また偏が「音」に従う字と、「言」に従う字がある。

posted by トナン at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

字体変遷字典 (【口】叫向后合吊吐)


130528jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

【叫】手書きでは旁を「刂」に作ることが多い。康煕字典では「口」部の2画にある。現代中国も旁は2画。当用漢字字体表では3画。

【向】上部は「宀」になるはずの字だったようである。

【后】『陸軍幼年学校用事便覧』は「後」の許容字体として掲載され、「實ハ別字」と説明がある。

【吊】干禄字書、康煕字典ともに「吊」は「弔」の俗字としている。『陸軍幼年学校用事便覧』は「實ハ別字」としている。字体の変遷をみるかぎり、「吊」と「弔」は異体字と見て良いだろう。では「吊(つる)」と「弔(とむらう)」という意味はいつ分かれたのか。江戸期は「弔」を「つる」、「とふらひ」、「吊ひ」を「とふらひ」、「とむらひ」と読むなど意味は分かれていない。『陸軍幼年学校用事便覧』(大正3年編纂、昭和13年改訂)では「吊」を「弔」の許容字体として扱っているから、まだ意味は分かれていないと見るべきだろう。太宰は「吊」と「弔」を明確に使い分けている。とすると「吊」と「弔」の意味が分かれたのは、昭和13年から23年の間ということだろうか。現代中国では「吊」と「弔」は「吊」に統合されているようだ。間に草書を介すると「弔」から「吊」ができた過程が理解できる。

(大熊肇試作)


  
posted by トナン at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

字体変遷字典(【口】只叩吋各吉吃吸)


130521jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【叩】説文にない。篆書は「扣」で代用する。

【各】古代は「彳」や「辵」が加わった字体もあったようだ。

【吉】「吉」いわゆる「さむらいよし」と、「𠮷」いわゆる「つちよし」問題。古代はどちらでも良いらしい。説文篆文がたまたま「吉」だったために「吉」が正字になった。漢代の隷書以降は「𠮷(つちよし)」が圧倒的に多い。五経文字は説文篆文にならって「吉」だが親字としての掲載はなく、他の字の説明中にある。日本でも「𠮷(つちよし)」が圧倒的。江戸時代は使用例が少ないが「吉」も現れる。弘道軒には「吉」「𠮷(つちよし)」の両方がある。漱石は「吉」「𠮷(つちよし)」の両方を使っている。太宰は「吉」しか使っておらず、正字や明朝活字の影響を見てとれる。

【吸】康煕字典では「口」部の4画。
posted by トナン at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

字体変遷字典(【口】司史叱召台)


130504jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示します。

【司】金文の異体字は、説文になく、康煕字典にある。

【召】干禄字書に〈正〉が2種ある。

【台】「台」と「臺・䑓」とは元々は別字。漱石は「䑓所」、「屋䑓」、「舞䑓」など一貫して「䑓」を用いる。文部省活字に「台」が無いにもかかわらず、太宰は「屋台」など「台」を用いている。
posted by トナン at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

字体変遷字典(【口】可叶句古号)


130417jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【叶】説文篆文にはなく、最も古い使用例は南北朝時代。説文に「協」の或体として「叶」の字体があり、陸軍幼年学校の『用事便覧』に「協」の古字として「叶」の字体が掲載されているがともに「叶」とは別の字種。

【句】「口」が「ム」の形になるため、「勾」の字体になることがある。

【号】「號」の略字ではなく、初文が「号」で後に「虎」を加えたらしい。五経文字の例は最終画が省かれているが、これは誰かの名を避諱したものだろう。たぶん唐の太祖=李虎。漱石は『ぼっちやん』中に8カ所「号/號」を使っている。「号」の使用例は〈第一号〉〈会議の続きだと号して〉〈いの一号に〉が2回、〈六号活字で〉の5回。「號」の使用例は〈屋號〉〈號令を下した〉〈鋭い號令〉の3回。
posted by トナン at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

字体変遷字体(【又】叛叡叢【口】口右)


130319jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【叛】北魏の王僧墓誌では、偏が「米」になっているが、これは「半」の草書を「米」と間違えたのだろう。

【叡】干禄字書に2種、五経文字に2種の正字体がある。

【右】書き順は中国では左払いを先に書くものが圧倒的に多い。ところが日本に伝わったのは横線を先に書く書き順だったようだ。平安中期には左払いを先に書くものと、横線を先に書くものが共存するようになる。江戸期は横線を先に書くものが圧倒的に多くなり、左払いを先に書くものはごく少数になる。現代中国では横線を先に書くそうだ。
posted by トナン at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

字体変遷字典(【又】受叔叙)


130308jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【受】甲骨の上の例が康煕古文に合致するもの。2番目がが郭店楚簡と合致するもの。睡虎地秦簡は「又」の上に「一」があり、この字体は漢代まで受け継がれている。さらにその字体が「丈」に受け継がれているのかもしれない。

【叔】説文篆文に旁が「又」と「寸」の2種ある。五経文字がで〈石経〉となっている字体は、通用字体よりも点が1つ少ない。この字体は拓本版の干禄字書にもある。石が荒れていて〈通〉なのか〈俗〉なのか判然としなが、残った部分は「亻」に見えるのでたぶん〈俗〉なのだろうとおもって江戸版の干禄字書で確認すると〈通〉になっている。五経文字で〈石経〉となっているが、開成石経に使われている字体は「叔」なので、五経文字が示す石経は熹平石経か正始石経のことだろう。

【叙】説文篆文では旁が「攴」だが、甲骨に従えば「又」でも良さそうな気がする。楚帛を見ると「攴」が「攵」になるのが理解できる。「攴」にも縦線が中央のものと左に寄ったものの2種がある。当用漢字表の手書き原稿では「敘」だったが1946年の官報で印刷された字体は「敍」(の縦線が左に寄ったもの)だったが翌年、官報で「敘」に訂正された。「敘」は人名に使えない。
posted by トナン at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

字体変遷字典(【又】友収取)


130301jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【友】1字に2カ所の右払いがある張猛龍碑は例外中の例外。

【収】偏を2画とする字書と3画とする字書がある。康煕字典は2画としている。本書では参考にしている『JIS漢字字典』に倣って3画とした。しかし「収」の異体字の「收」は『JIS漢字字典』でなぜか「攴」の2画になっている。旁は本来は「攴」で、説文篆文はその字体。漢代に「攵」に変化したものが現れ、南北朝期に「又」が出現する。陸軍幼年学校の用字便覧では、旁を「攴」とする字体を本字とする。
posted by トナン at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

『字体変遷字典』−−【又】又叉及双反


130218jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大表示されます。

【又】金文には「右」という意味で「又」を用いている例があり、古璽には「有」という意味で「又」を用いている例があるという。
【双】上代にアメカンムリに作る字がある。平安時代に小野道風が屏風土台で2種の字体を使っている。江戸期以降は「雙」よりも「双」の方が隆盛。弘道軒には「双」だけがあり、「雙」がない。

 
posted by トナン at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

字体変遷字典−−これまでのまとめPDF


だいたい10分の1ぐらいが終わったので、最初から見直して修正したものをPDFに書き出しました。
修正点などありましたら、ご指摘くださると幸甚です。

jitai20130211-1.pdf
jitai20130211-2.pdf

2013年01月11日

字体変遷字典 (【厂】原厩厨厭厳)


やっと10分の1ぐらい終わりました。
今までと同じくらいのことをあと9回やれば完成か。
がんばろう。

130111jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大します。

【原】古代の文字を見ると旁に角はついていない。角をつけるのは字体の差ではなく、説文の様式の差なのではないだろうか。干禄字書では角ありを〈正〉、角なしを〈俗〉とする。

【厩】この字は元々「广」の字らしい。説文篆文を根拠とすれば五経文字の字体が正字ということになるだろう。文部省活字は干禄字書でいう〈俗〉を採用している。
posted by トナン at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

字体変遷字典 (【卩】卿【厂】厄厚厘)


130105jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大します。

【卿】説文篆文に従えば「卿」になるはずだが、そのような字体は五経文字の他にみつからない。漢代から「卿」を書いており、干禄字書も日本の文部省活字もそれに倣っている。康煕字典は「卿」を採用しているが、「即」の字種では「卽」を採用しており、一貫していない。官板 五経文字の〈石経〉とされている字体には「卩」の中に点があるが、これは誤りではないだろうか。『五體字類』(3版)では「卩」の中の点を省いている。

【厄】五経文字の親字ではなく説明にこの字が使われている。

【厘】「厘」「廛」「釐」が同字種の異体字なのか、別字なのか。古代には「厘」にあたる字体は見えない。王羲之が宋搨祖石絳帖で草書の「釐」を書いているが、字体は「厘」のようなので、「釐」の草書から「厘」ができたと考えることもできる。北魏では「廛」の字種に「土+厘」を書いたり、「厘」を書いたりしている。官板干禄字書では「厘」と「廛」を同字種、「釐」は別字としている。康煕字典は「厘」の項に「俗作釐省非」とある。漢字要覧では「物ノ数量ヲ記スル時ニ限リテ、別體ヲ用ヰルモ妨ナシ」とし「厘」は「釐」の異体字の特別な用法とする。明治の漢字もは「厘」を「釐」の許容とする。陸軍幼年学校用事便覧は「實ハ別字」とする。
posted by トナン at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

字体変遷字典 (【卩】卵卷卸卻卽)


101229jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大します。

【卵】複数の字典に九経字様の例が載っているが、官版の九経字様には見えない。西安の石碑にはあるのだろうか。

【卷】唐代の正字体と康煕字典の字体が一致しない。現代中国は康煕字典の字体を採用。当用漢字字体表−常用漢字の字体は使用例が少ないようだ。鄭羲下碑、法華義疏、筋切の字体の由来がわからない。

【卸】江戸干禄では、偏を「垂」としたものを〈正〉とし、偏の下部を「山」とするものを〈通〉としているが、五経文字では、「卸」を正字として修正している。漱石は江戸干禄に掲載の2種の字体を書いている。漱石は干禄字書を持っていたのかもしれない。

【卻】「却」は「卻」の異体字で五経文字や康煕字典では俗字とされているがその出現は早く、漢代にまでさかのぼる。文部省活字も俗字を採用している。旁を「阝」と誤ったものも多い。

【卽】「即」は、漢代の隷省/隷変である。康煕字典には「卽今作即」とある。開成石経でもこの字体が使われている。文部省活字もこの字体を採用している。漱石は正字と通字の折衷のような字体を書いている。
posted by トナン at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

字体変遷字典 (【卩】印危却即)


101224jitai.jpg
※画像をクリックすると拡大します。

【印】行書の偏は横線2本を書き「レ」を書くのが一般的な書き順。したがって偏の縦線は下に突き抜けない。一画目は左から右に書く。平安以降は咎なし点をつけることが多い。
【却】「卻」の異体字で五経文字や康煕字典では俗字とされているがその出現は早く、漢代にまでさかのぼる。文部省活字も俗字を採用している。旁を「阝」と誤ったものも多い。
【即】漢代の隷省/隷変である。康煕字典には「卽今作即」とある。開成石経でもこの字体が使われている。文部省活字もこの字体を採用している。漱石は正字と通字の折衷のような字体を書いている。
posted by トナン at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする