2021年07月27日

字体変遷字典 【彡】彫彪彬彰影【彳】役

294-295.jpg

【彫】中国では「雕」を使う。「彫」と「雕」は大徐には別々に載っている。大徐の「雕」の籀文は「G」の字体。
【彬】大徐の古文と康煕字典の古文が逆。
【彰】一画目が大徐や康煕字典では横線だが当用漢字表も当用漢字字体表も縦線になっている。
【役】大徐の古文に偏が「亻」の字が載っており、それが康煕字典の古文に対応している。五経文字には「役」と偏が「亻」の字と両方載っており同字種としている。実際に書かれたものも江戸時代までは偏が「亻」のものが多い。
posted by トナン at 00:25| Comment(0) | 文字あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

字体変遷字典 【弓】彊【彑】当彙【彡】形彦彩

jitai290-291.jpg

【彊】干禄字書と五経文字は「強」と「彊」を異体字とする。大徐は「強」と「彊」を別に掲載している。康煕字典は「強」「强」「彊」を別々に掲載している。陸軍幼年学校用字便覧は「彊」を「強」の通用字とする。大徐は「強」の字体だが、秦代、漢代も「强」の字体なのでもしかしたら大徐が誤りなのかもしれない。
【当】「當」の略字。「小」か「田」部に分類されることも多いが、本書では「彑」部に載せた。「當」の「口」と「田」の左の縦線をつなげる字体がよく書かれ、その字体を九経字様では「訛」とする。「当」は遅くとも明治時代には書かれていたようだ。
【彙】2010年に常用漢字に追加された。大徐では入力不能な部に載っている。
【形】五経文字は「形」を載せるが、陸軍幼年学校用字便覧は「形」を本字としている。
posted by トナン at 03:01| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

字体変遷字典 【弓】弱強張弾弼

jitai288-289.jpg

【弱】大徐も五経文字も部首は「彡」。

【強】干禄字書と五経文字は「強」と「彊」を異体字とする。大徐は「彊」を別に掲載している。康煕字典は「強」「强」「彊」を別々に掲載している。陸軍幼年学校用字便覧は「彊」を「強」の通用字とする。大徐は「強」の字体だが、秦代、漢代も「强」の字体なのでもしかしたら大徐が誤りなのかもしれない。

【弼】陸軍幼年学校用字便覧では「白」を「因」としたものを本字としている。
posted by トナン at 17:39| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月07日

字体変遷字典 【弓】弗弛弟弦弥弧

jitai286–287.jpg

【弗】「ドル」はカタカナで書くけど訓読み。

【弦】大徐と武威漢簡は同じ字体。

【弧】日本では「弓」部の6画だが、康煕字典では「弓」部の5画に分類されている。
posted by トナン at 16:19| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月04日

字体変遷字典 【弋】式弐【弓】弓引弔弘

jitai284–285.jpg

【弓】当用漢字表は4画に見えるが、当用漢字字体表では3画で書いている。中国・台湾の明朝体は3画に見えるが、日本・香港の明朝体は4画に見える。

【引】当用漢字字体表を見ると偏を4画で書いているように見え、「弓」の単体と字体が異なる。中国・台湾の明朝体は偏が3画に見えるが、日本・香港の明朝体は偏が4画に見える。

【弔】干禄字書、康煕字典ともに「吊」は「弔」の俗字としている。字体の変遷をみるかぎり、「吊」と「弔」は異体字と見て良いだろう。江戸期は「弔」を「つる」、「とふらひ」、「吊ひ」を「とふらひ」、「とむらひ」と読むなど意味は分かれていない。『陸軍幼年学校用字便覧』(大正3年編纂、昭和13年改訂)は、「吊」を「弔」の許容字体として扱い「實ハ別字」としており、意味は分かれていないと見るべき。太宰は昭和23年発表の『人間失格』で「吊」と「弔」を明確に使い分けている。中国では「吊」と「弔」は「吊」に統合されているようだ。間に草書を介すると「弔」から「吊」ができた過程が理解できる。

【弘】旁を「口」とする異体字がある。
posted by トナン at 15:23| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月30日

字体変遷字典 【廾】弁弄弊

jitai282-283.jpg

【弁】「辨/辧」「辯」「瓣」を統合した字。本来は「辨明/辧明」「辯護」「安全瓣」のように使い分ける。「弁」は冠の名。「辨/辧」は識別する、区別すること。「辯」は論争すること。「瓣」は瓜の中の実。漱石は「勘弁」「辨解」「辨當」、「辯ずる」「辯舌」「辯論」「能辯」「辯護」「能辯」「辯解」と使い分けている。「辨解」と「辯解」を使っているのはどちらかが誤用か。太宰治が『人間失格』を書いたのは当用漢字表で「辨・瓣・辯」が「弁」に統合された2年後だが、手書き原稿に「能辯家」と書いている。

【弄】2010年に常用漢字に追加された字。

【弊】篆書では「獘」を用いる。
posted by トナン at 02:28| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月26日

字体変遷字典 【廴】延廻建廼【廾】廿

jitai280-281.jpg

【延】説文解字での部首は「廴」でも「延」でもなく「㢟」部に分類されている。康熙字典では「廴」部の4画に掲載されている。

【廻】JIS2004の例示字形変更によって、えんにょうに筆抑えがついた。説文には不録で「回」を使う。中国では「回」を使う。

【建】泰山刻石と大徐のえんにょうの形が異なる。えんにょうは、特に北魏では点をつけて書かれたり、しんにょうを書かれたりすることが多い。

【廼】「迺」とは異体字。北魏では「迺」がたくさん書かれている。九経字様にも康煕字典にも「迺」は載っているが「廼」は載っていない。それなのに「廼」がJIS第1水準で、「迺」はJIS第2水準。
posted by トナン at 02:04| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月24日

字体変遷字典 【广】廊廉廓廠廟【廴】廷

jitai278-279.jpg

【廊】康煕字典では广部の10画に載っている。

【廷】北魏楷書では「辶」で書かれることが多い。
posted by トナン at 01:50| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

字体変遷字典 【广】庵康庶庸廃

jitai276-277.jpg

【康】説文解字では禾部に分類されていて、例示字体には禾が付いているがそのような字体は他にみつからない。禾のない「康」は或体になっている。

【庸】説文解字も五経文字も用部に分類されている。
posted by トナン at 16:55| Comment(0) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

字体変遷字典 【广】店府庖度庫座庭

jitai274-275.png

【度】説文には「又」に、五経文字では「廿」に、康煕字典には「广」に分類されている。

【座】漱石は「座」と「坐」を混用しており、使い分けの法則性は無いようだ。太宰は「坐って」「歌舞伎座」「銀座」のように使い分けている。
posted by トナン at 23:51| Comment(6) | 字体変遷字典(大熊肇試作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする